もっと豊かな明日へ。進化し続ける天然ガスこそ、私たちの未来を支えるエネルギーです。 天然ガストップへ 北海道とエネルギー 優れた環境性と供給安定性 全道への安定した供給体制 高度利用技術 家庭で活躍 天然ガス

環境負荷軽減だけでなく、エネルギーセキュリティの向上をめざして動き出した今、未来を支えるエネルギーとして、ますます期待される「天然ガス」。天然ガスの高度利用による省エネ・省CO2の実現だけでなく、多様なエネルギー形態を最適化する「スマートエネルギーネットワーク」の構築等、今後も天然ガスは、大きな役割を果たしていきます。
前のページへ

天然ガスは水素エネルギー社会の実現を可能にします。

次世代のエネルギーとして注目されている「水素」は、使用時にCO2を発生せず、家庭やオフィス、工場などの分散型電源(燃料電池)や、自動車のエネルギー源として期待されています。全国の都市ガス会社では、既存のガス導管を活用し、お客さまの近くで天然ガスを水素に改質する技術の開発が進められており、燃料電池や自動車へ水素を供給する「複合型ローカルネットワーク社会」の構築をめざしています。

天然ガスの高度利用技術が「スマートエネルギーネットワーク」を支えます。

「スマートエネルギーネットワーク」は、電気、熱、天然ガスなど多様なエネルギー全体を最適化し、低炭素社会をめざすもの。再生可能エネルギーを分散型エネルギーシステムと結合させることで最大限に導入するとともに、熱や電気の流れをIT技術で最適制御することで、地域における省エネ・省CO2の最大化を図ることができます。

複合型ローカルネットワーク社会
スマートエネルギーネットワーク