未来のために

CO2の排出量が少ないから
未来のためにきれいな空を守ります。

世界的に大きな問題になっている地球温暖化。その主な原因は、私たちの暮らしから排出される二酸化炭素(CO2)です。「コレモ」なら、普段の暮らしの中で、年間1.5トン以上のCO2を削減できます(※)。環境に貢献できる「コレモ」がきれいな空を守ります。

※大規模発電所で発電した電気を利用し、省エネ型給湯暖房機エコジョーズで給湯暖房をまかなう方式と比較

環境性

暮らすだけでCO2を1.5トン以上削減

環境にやさしい天然ガスから電気をつくって発生熱を有効活用する「コレモ」は、CO2排出量を効率良く抑えます。さらに、おウチで使わなかった電気を北ガスが買い取り、環境に配慮した電気(※)をみんなでシェアすることで、エコジョーズ住宅と比べて年間1.5トン以上のCO2削減を実現。コレモが削減するCO2と同じ量を毎日の暮らしの中で削減するのはとっても大変です。でも、「コレモ」なら普通に暮らすだけでCO2を削減できて環境にもやさしいのです。

※「環境に配慮した電気」とは、従来火力発電システムに比べてコレモ+エコジョーズのエネルギー利用率が高効率であることを指します。

1年間毎日やって、約500kg削減(CO2/年)

  • シャワーをこまめに止める29kg

  • ふんわりアクセル「eスタート」194kg

  • 冷蔵庫に物をつめすぎない15kg


  • 電気ポットを長時間使用しないときはプラグを抜く38kg

  • 電球型蛍光ランプに取り替え
    (白熱電球から)29kg

  • 入浴は間隔をあけない87kg

  • アイドリングストップ40kg

  • 加減速の少ない自動車の運転68kg

  • 温水便座のフタを閉める12kg

※出典:一般財団法人省エネルギーセンター「家庭の省エネ大事典2012年度」

※2 環境省「家庭からの二酸化炭素排出量の推計に係る実態調査試験調査」(平成28年6月確報値より)

<試算条件>

【負荷条件】
年間電力負荷:4,300kWh、暖房負荷:12,840kWh、給湯負荷:4,090kWh、厨房負荷:520kWh
【世帯条件】
世帯人数:4人、延床面積:120㎡、断熱性能(Q値):1.6、室内設定温度:23℃、
暖房時間:24時間連続、風呂回数(含シャワー):6回/週

<比較条件>

「エコジョーズ住宅」と「コレモ+エコジョーズ(スマートリモコンを使用)住宅(余剰電力買取契約有り)」の比較

<CO2排出係数>
都市ガス:2.29kg-CO2/m³(当社2015年度の排出係数) 電気:0.611kg-CO2/kWh(当社2015年度の排出係数)

札幌市の補助金制度が適用

「コレモ」は、札幌市の「札幌・エネルギーecoプロジェクト補助金制度」において、高い環境性が評価され補助金の対象になっています。

※補助金の交付は抽選であり、予算額に達した時点で終了となります。 制度の内容は変更となる場合があります。

ページの先頭へ戻る