電気をホームメイドする、未来のシステム 燃料電池

燃料電池の構造

燃料電池の中には、水素の部屋と酸素の部屋があります。2つの部屋の間は電解質と2枚の電極で仕切られており、電極は電線で結ばれています。この電線の中を小さな電気の粒「電子」が一定方向に流れると、電気が発生します。

目に見えないほど小さい水素の分子ですが、実はさらに小さなパーツから成り立っています。燃料電池の内部では、この水素分子を「水素イオン」と「電子」の2つに分ける作業が行われています。
分解によって発生した水素イオンは、電解質を通って酸素の部屋へ移動します。しかし、電解質を通過できない電子は、電線を通って酸素の部屋へと移動します。こうして電線に電子のみを通し、電気を発生させます。
酸素の部屋へと移動した水素イオンと電子は、酸素分子と出会って結合し、水となって燃料電池の外へ排出されます。
※天然ガス以外にも、LPGや灯油から水素を取り出すことも可能です。

PEFC(固体高分子形燃料電池)

電解質に固体高分子膜を使った燃料電池。作動温度が低温で取り扱いやすく、小型化・軽量化も可能なので、家庭用、自動車用、携帯用に開発が進められています。

SOFC (固体酸化物形燃料電池)

電解質にセラミックの固体酸化物を使った燃料電池。作動温度は700℃以上という高温。発電効率が高く、発電所用・工業用のほか、家庭用の開発も進められています。

ひとつ前のページへ戻る
エネファームの詳しい情報はこちらから