電気をホームメイドする、未来のシステム 燃料電池

燃料電池とは

燃料電池の原理と特徴

燃料電池とは、燃料を燃やすことなく化学反応によって電気と熱を直接得ることができるシステムです。
水に電圧をかけると、水を構成していた水素と酸素が分かれて出てきます。これを水の電気分解といいます。燃料電池はこの仕組みを応用して、水素と酸素を反応させ水を作り出す過程から、電気や熱を取り出します。
燃料電池での発電では、地球温暖化の原因となるCO2を非常に少なく抑えることができます。発電効率に優れ、騒音・振動が少ないというメリットもあります。それぞれの家庭で必要な分だけの電気をつくれるから、エネルギーのムダづかいもぐっと低減。エネルギー問題や環境問題の切り札として期待されています。

エネファームの詳しい情報はこちらから